保育・教育の特色

  • 少人数で家庭的な保育を目指します
  • クラス・年齢の枠を超えたつながりを大切にします
  • 幼児期の特性をふまえ、個々の子供の興味や意欲、自分から考考え行動する姿勢を育てます
  • クラス活動で年令に応じた、知的教育を取り入れ、絵画や音楽、次の時代に生きていく語学力と国際感覚を学んでいきます。
  • 送り迎えによって、幼稚園と家庭との連絡を密にすることで、子どもたちの小さな変化を見逃さないように心がけています

最新記事

小山市 つぼみキンダーガーテン

元つぼみ幼稚園を受け継ぎ、そして知性と芸術の息吹を入れたつぼみキンダーガーテン

戦後の混乱期から続く幼児教育施設

本園は、戦後の混乱期、1950年に幼児教育、キリスト教による品性の育成の必要を痛感して、小山教会付属「つぼみ保育園」を設立したことに始まります。その後、1954年に栃木県の認可を受け「つぼみ幼稚園」として再出発し、以後65年間、数多く卒園生を送り出してきました。

つぼみ幼稚園は医療法人社団星野会のバックアップとともに生まれ変わりました。

平成28年4月つぼみ幼稚園は医療法人社団星野会のバックアップとともに「つぼみkindergarten」として、園児の健やかな心身の発達と豊かな知性、感性をはぐくむことを理念に掲げて、生まれ変わりました。

幼児教育支援施設として

つぼみキンダーガーテン(元つぼみ幼稚園)では語学と芸術をベースに質の高い教育を遊びを交えながら子どもたちに提供していきます。

心身の発達と豊かな知性、感性を

つぼみキンダーガーテン(元つぼみ幼稚園)では、英語・表現あそび・自然と遊ぼう・紙芝居など、幼児の心と身体の育成に大切な教育を定期的に開催しています。

英語の授業では視覚・聴覚を活かした本格的な英語レッスンを。これからの日本を背負う子どもたちの国際感覚を育てるために大切な世界共通言語を。表現あそび・自然遊びや紙芝居では、子どもたちの情操面を育んで行きます。

医療法人による全面バックアップ体制

子どもたちの健やかな成長のために、医療法人星野会が医科・歯科の健診を定期的に行っています。

健康は一番の宝もの

医療法人星野会は小山市内にて医科・歯科・老人保健施設などを有する医療法人です。星野会の医師・歯科医師による定期健診で体、お口の発育や健康状態を見守っていきます。

芸術のためのホール

園舎二階には芸術ホールが併設されています。

小山市のつぼみキンダーガーテン(元つぼみ幼稚園)の園舎二階には芸術ホールがあります。ここでは園児たちの発表会の他、地域住民の方々をお招きした絵画や音楽を提供していきたいと計画をしています。50年以上の歴史を持つ小山のつぼみ幼稚園を基に、今後も地域の方々との連携を深め、素晴らしい幼稚園を作り上げていきます。

つぼみ幼稚園の卒園生 萩野公介さん

リオオリンピックで金メダルに輝いた萩野公介さんはつぼみキンダーガーテンの前身つぼみ幼稚園の卒業生です

リオ・オリンピック競泳で金・銀・銅メダルを獲得した萩野公介選手はつぼみ幼稚園の卒業生です。つぼみキンダーガーテンの園児たちは萩野公介を応援しています。凱旋パレードでは、幼稚園の子どもたちは皆で公介選手のお出迎えをしました。花束贈呈をしたり、一緒に記念撮影をしたりして、子どもたちは大喜びでした。2020年の東京オリンピックでも私たちを感動させてくれると思います。頑張れ公ちゃん!!!

PAGE TOP
電話で問い合わせる
地図を表示