空気の力で鬼退治!…自然と遊ぼう

楽しい楽しい江連先生の「自然と遊ぼう」。
今月は、節分ということもあって、空気の力で鬼を退治する実験です。

江連先生がペットボトルを細工して空気鉄砲のようなものを作って用意してくれました。
底のゴムを指で勢いよく引っ張って、紙製の鬼を倒すのです。
でも、引っ張る力が弱いと、空気の力が足りないので鬼は倒れません。
ポン、ポンと何回か試しているうちに、あちこちで鬼が倒れ始めました。子どもたちはコツを掴んだようで、鬼退治は大成功です!

そして、穴をあけた段ボール箱を、これも勢いよく手でポンと叩いて空気を出して、大きな鬼を倒します。
今度も最初はなかなか上手くいきませんが、次第にパタンパタンと面白いように倒れました。

最後は、大きな段ボール箱に江連先生がドライアイスを入れて、ポンポンと叩くと丸い穴から白い煙の輪が飛び出してきました。
子どもたちは大喜び!!
箱の穴を四角にカットしても、同じです。四角ではなく、丸く白い輪が出てきました。あら、不思議?なんでだろう?
不思議なことって楽しいな…
この次は、何をするのか、待ち遠しい「自然と遊ぼう」でした。