江連先生の「自然と遊ぼう」

紙芝居、英語に続いて、江連先生の「自然と遊ぼう」も始まりました。

以前、空気をつかまえる遊びをしたのですが、先生は、それを子どもたちが気に入っていたのを覚えていてくれたのか、今回もポリ袋を使って実験をしました。空気を入れたポリ袋をしばってとばしてみると、普通のポリ袋と細長いものでは、細長い方が遠くにとばすことができました。なぜだろう?細長い方は空気のあたる面積が少ない(抵抗が少ない)から、よくとぶのですね!お家でお母さんと一緒にやってみましょう!

 

最近、幼稚園の子どもたちはとても元気で、お休みさんがいません。手洗い・うがいと、早寝早起き、そしてお母さんのおいしいお弁当のおかげかも知れません。いつもありがとう!